ブログ

いい肉の日らしい

今日はなんでも「いい肉の日」らしいです。そこでお肉でダイエット、という話です。一番手軽なダイエット方法ってやっぱり、食事内容の見直しですね。その方法として野菜中心にして、肉を控える人が多いかもしれません。実はダイエット中こそ、赤身肉を意識して食べるべきです。栄養面でもカロリー面でも野菜をたくさん摂ることは良いことなのですが、お肉の摂取を極端に制限しちゃうと落とし穴にはまってしまいます。たんぱく質は、重要な栄養素です。炭水化物、脂質と並んで「重要な栄養素」です。でも、野菜だけの食事だとどうしても、一日に必要な量のたんぱく質を摂取するのは難しいのです。

 

やっぱり、肉類や魚介類から動物性たんぱく質を摂取することが大事なことなのです。たんぱく質が不足すると、筋肉がおちたり、髪や肌のトラブルとか、いろいろ影響が出ます。薄毛の原因にもなっているのかもしれません。たんぱく質不足が続くと、筋肉量が減少し、そして、基礎代謝も低下します。そして、基礎代謝が低下すると、同じ生活をしていてもカロリーを消費しにくくなります。「野菜だけ生活」をしていると、摂取カロリーは低いけれど、痩せにくい状態になってしまうのです。そこで肉は肉でも赤身肉をオススメします。赤身肉は、肥満のもとになりやすいカロリーや脂質の摂取は抑えて、筋肉のもとになるたんぱく質はしっかり摂取できるのです。低

 

カロリーで、低脂質で、高たんぱくの優秀な食材なのです。お肉の中でも赤身肉は、特にダイエット向きの栄養バランスなのです。じゃあ、赤身肉ならなんでもいいか、というわけではなくて、カルニチンを多く含むのは、牛肉、次に豚肉、鶏肉の順なのです。
特に女性、貧血になりやすいですが、赤身の牛肉をたった約200gで1日に必要な鉄分を摂取することができます。ステーキで出てくる量と値段を考えると難しいような気がしますが。しかもビタミンB群も含まれているから、積極的に摂りたいものですね。いい肉の日はまた来年を待たないといけませんが、こうやって書いていますと肉が食べたくなります。
ウチの犬にはそろそろフィラリア対策の日なので、肉ならぬ、肉風のカルドメック(こちら)をあげます。